木工 藤本健さん

藤本さんの名刺には、「木工」とだけ肩書きが書かれています。
つい「職人」とか「作家」とかを追加してしまいそうですが、
藤本さんと会って「木工」でいいと感じました。
木を工作する人。工夫する人。木の工(たくみ)。
それが藤本さんなんだと思います。
IMG_3706.JPG

訪れたのは、藤本さんのご自宅兼工房。
初回にご紹介したcococo工房の近く、
南城市玉城地区の中心部にあります。
訪れてまず目を引くのは、まっ黒く焼きを入れた壁板。
西日本で古い家屋に見られる技法だそうで、耐久性が高まるとのこと。
この壁板を使って、ご自分一人で家を作ってしまったそうです。
これはびっくり。そして、開放的でとても素敵な佇まいに感激!
IMG_3708.JPG
藤本さんの器の感想をひと言で言うと、「材のありのまま」。
主に沖縄の代表的な樹「ガジュマル」を材料として、
その不規則な節目や、
虫食いなのでぽっかり空いた穴までそのまま活かす。
IMG_3701.JPG
さらに、普通木工は、木を乾燥させてから加工を施しますが、
藤本さんは乾燥する前に手を入れるんだそうです。
そうすると加工後に乾燥して木が歪んでいく。
歪んでいく形をそのまま受け入れながら、独特の造形に仕上げていく。
こうした材との対話を通して、
独特の藤本ワールドが作られていくんだと思います。
IMG_3703.JPG

南城市は、素敵な作家さんが住み着く
磁場が働いているのかもしれません。
また彷徨いたいと思います。
www.yakabu123.com/k/










この記事へのコメント